Category: 外国為替のヒント

海外ブローカー

XLNtrade Japan

XLNtrade: Profit口座限定初回入金ボーナス最大150%

Profit口座限定初回入金ボーナス 最大150% 2019年8月の特別プロモーション ① ご入金額が5万円までの場合 => 150%のボーナス提供 ② ご入金額が5万円超~10万円の場合=> ①+125%のボーナス加算 ③ ご入金額が10万円を超える場合=> ①+②+40%のボーナス加算 ※ボーナス上限20,000ドル ご入金額 ボーナス量 合計取引資金 50,000円 75,000円 125,000円 100,000円 137,500円 237,500円 300,000円 217,500円 517,500円 1,000,000円 497,500円 1,497,500円

外国為替市場

FX(外国為替)市場参加者とは

FXは日本のみならず、世界各国で高い人気を誇る取引市場です。日々、新聞、ニュース、ネット記事で目にすることの多いFX市場ですが、実は、様々な市場参加者の関与の上に成り立っています。それぞれの思惑が複雑にからまり合い、日々、FX市場は生き物のように変化を続けているのです。具体的な市場参加者は以下の通りです。 中央銀行 まずは、日本の銀行をとりまとめる中央銀行である、日本銀行です。これが、FX市場に介入することがあり、その結果は「外国為替平衡操作の実施状況」の中で公開されます。このように、日本銀行が介入措置を行うことはありますが、最近では、開かれた経済に逆行する行為として捉えられ、世論的にもこれが主流ではないことは明らかです。 外為ブローカー 外為ブローカーの存在感は、ディーリングシステムの進化とは逆行するかたちで、少しづつ後退してきました。当然、ブローカーを介することでそこに手数料が発生しますので、これが、可能な場合には避けられるのは自然な流れだと言えるでしょう。 投資家(個人) 個人として取引を行う(おそらく、この記事を読まれているあなたのような)投資家はFX市場を構成し、これを動かす大事な要素です。当然、各種機関に比べると、個として市場に与える影響は大きくありませんが、それでも全体としてまとまった時のインパクトは無視できません。周りの個人投資家の流れを読むことは非常に重要です。 機関投資家 機関投資家の、個人投資家との違いは、言うまでもなくその取引規模の大きさです。大きな数字が動く分、それだけ市場に及ぼされる影響も大きくなります。市場のトレンドを左右することもあるため、それだけに、普段からその動向には意識を向けておきたいものです。

外国為替市場に投資する

FX市場に投資を行う前に知っておくべき5つのこと

FXという言葉にどんなイメージを抱いているでしょうか?リスクが大きい?それとも一攫千金が狙える?ギャンブルみたい?このどれもが少し強調されたイメージかもしれません。どのような市場であれ、投資をする前に正しい知識を身につけておくことが重要です。今回は、FX投資前に理解しておきたい大事なポイントをご紹介したいと思います。 ありふれたフレーズから学ぶ — “タイムイズマネー” タイムイズマネーとはよく言ったものです。どうか、FXにおいてもこのフレーズを肝に銘じるようにしてください。日々の時間を大事にするということも重要ですが、ここで言う「タイム」とは、それぞれの取引における時間軸です。チャートを見るとするにわかることですが、縦軸は値段で、横軸は時間を示しています。時間は単純な時の流れではありません。FX市場が開いている時間、取引セッションといった時間全てが市場に影響を及ぼすのです。 FX投資にも同じことが言えます。時間をもっと意識してみてください。まずは、全ての投資一つ一つを学びの機会として無駄にしないこと。ノートに記録して、どのようなパターンで勝利できたのかをデータに残しましょう。 投資はできるだけ分散しよう FX投資におけるリスク回避の基本は、分散すること。一つの投資に失敗しても、他の投資で補えるようなシステムを常に確保することが重要です。場合によっては、特定のパターンや値動きに揺るぎない自信を感じることがあるかもしれません。必ず、円が上昇を続ける…などなど。根拠のない自信ほど恐ろしいものはありません。FX取引は、孤独な戦いです。諌めてくれる人はいません。冷静に分散を行うようにしてください。 自分の戦略を持つこと 戦略はすぐさま身につけられるものではありませんが、これなしでは何も始まりません。色々なパターンを試してみて、その中から一番しっくりくるものを選びましょう。これこそが戦略になるのです。戦略を生み出すためには、投資の動作を逐一意識することが重要です。 正しい戦略の選択 何が一番自分にとってぴったりな戦略なのか。これを判断する上で重要なのは、結果です。雰囲気で判断せずに、それぞれの戦略の勝率(必ずしも勝ち負けの数ではなくて、最終的な結果としての数字—どれだけの利益に貢献できたのか)をチェックしましょう。 デモ口座を活用すべし デモ口座の活用も忘れてはなりません。それぞれのFXブローカーや取引プラットフォームには特徴があります。使いづらいと思うこともあるでしょう。

trade

2019年だから総ざらい!海外FXブローカーについて知っておくべきこと

日々、日本における海外ブローカーの存在感は強まるばかり。少なくとも、FXに興じるトレーダーの日々の感覚としては、海外の注目ブローカーを耳にすることが増えた…という人も少なくないはずです。   これの理由の一つは、仮想通貨の台頭です。もちろん日本でも仮想通貨の人気は上昇傾向にありますが、世界に目をやると、信じられない数のICOやトークン経済を土台にしたビジネスモデルが日々考案、ローンチされています。そんな中にFXとの統合をすすめるシステムがあっても、何も驚きではありません。   そもそも仮想通貨、トークンを中心とした経済圏とFXとの相性は良く、今後どんどん統合は進んでいくでしょう。そんなトレンドを背景として、2019年に改めて把握しておきたいのが、海外ブローカーの見極め方です。そこで、海外ブローカーについて知っておくべきことをご紹介したいと思います。 どれだけセキュリティに力を入れているのかチェックしよう   日本の事業者であっても海外のそれであっても、セキュリティは一番重要です。大事な財務情報を預ける相手ですから、しっかりと安全面のチェックをするようにしましょう。ありがたいことに、海外のブローカーのセキュリティ面を把握するのはそこまで難しいことではありません。   英語が苦手という人でも大丈夫です。まずは規制当局の名前を探しましょう。英語では「regulatory agencies」と呼ばれています。気になった海外のブローカーがあれば、まずはこれをチェックしてみてください。アメリカであれば、National Futures Association (NFA) とCommodity Futures Trading Commission (CFTC)があります。イギリスであれば、Financial Conduct Authority (FCA) とPrudential Regulation Authority (PRA)の表記を探してみましょう。これは誰でもできる簡単なチェックです。難しいことはありません。あなたの大事なお金を投入する前に、1分のチェックタイムを設けて下さい。 トランザクションコストはいくらなのかチェックしょう   続いてはトランザクションコストです。ちょっとした金額だと思って侮らないでください。これが原因で結果的な勝ち負け(つまり赤字なのか黒字なのか)すら大きく左右されます。これは時間をかけてチェックすべき項目でしょう。取引をするたびに、スプレッドまたはコミッションを支払うことになります。各業者についてのトランザクションコストを把握してから、比較の大事な指標として使うようにしましょう。時に、市場で名の知れた大きなブローカーでは(ネームバリューという意味での安心と引き換えに)、多少多めの手数料を支払うことになるので、この点は注意しておくべきでしょう。スプレッドがあなたの好みのトレードの仕方に向いているでしょうか?継続的な利益を出せる計算の目処は立っているでしょうか? 預金と入金の要件をチェックしよう   良心的なブローカーであるかどうかを見極めるための一番のポイントと言っても過言ではないのが、預金と出勤の際に適用されるルールです。まずはこれがウェブサイトのどの部分に掲載されているのかを確認するようにしましょう。良心的なサイトであれば、わかりやすい場所にこれについての説明が明確に(隠すように小さく記載されている場合には要注意)書かれています。   もちろん、その内容もチェックすべきです。英語であっても翻訳ソフトを使えば大意はつかめるでしょう。入出金の要件について細かく言えば、それにかかる時間(例えば、2-3営業日など)、額の制限(出金できる最低額が設定されているのは日常茶飯事です)、対応しているサードパーティのサービス(例えばPayPalなど…日本人が海外ブローカーを利用する上での大きな障害の一つなので、後から引き出せないという事態を回避するために早めにチェックしておきましょう)に注目するようにしてください。 トレーディングプラットフォームが自分に合っているかチェックしよう   ほとんどの場合、ブローカーのウェブサイトを介して、取引を行う場所そのものはトレーディングプラットフォームです。これは千差万別ですので、できる限り自分に合っているか確認する必要があります。どれだけユーザーフレンドリーにできているのか、実際に触ってみないとわからないものです。   多くの場合、ウェブサイトにどのプラットフォームが採用されているか記載があります。そこに自分のすでに使ったことのある名前があればしめたものです。一方で知らないプラットフォームが記載されている場合には、実際に預金をして取引を始める前に、必ずデモ口座を使ってみることをお勧めします。デモ口座とは、実際にお金を使うことなく(無料で配布されるバーチャルコインを使用)リスクゼロで取引が体験できるお得なシステムです。多くの海外のFXブローカーがデモ口座を提供しています。まずは試しに取引の雰囲気を肌で感じてみるのが得策です。

日本でFXを取引することの意味(2018年版)

● FX業界における日本の立ち位置 日本は世界でも随一のFX大国。この国に生まれFXに興じることの意味は、はかり知れません。調査会社フォレックス・マグネイトは2012年上半期の世界のFX取引高についての情報を発表。驚くべきことに、第1位に輝いたのは日本のGMOクリック証券。その取引高は1兆9750億ドルとなっています。このデータが如実に物語るのは、日本におけるFX人気です。 ● FXは初心者であっても障壁が少ない 通貨を取引する、そして、その価値の差から利益を上げるというシンプルさから、初心者であっても比較的早い段階からその仕組みを理解することができます。特に海外旅行の大衆化により日本円と他の外貨を交換すること自体を経験する人は多く、このような意味でも敷居が下がっていることは間違いないでしょう。またFXの性質上、短期間で大きな利益を出すことができるのも魅力です。仕組みがわかりやすいトレードを始めたい。できる限り早い段階で利益を実感したい。日本で人気な選択肢から始めたい。そんな人にはFXがおすすめです。 ● 情報量の多さも大事 日本がFX大国であることから、ネット上には豊富に情報が出回っているのも嬉しい点です。各種ウェブサイトで獲得できる情報から自力で知識を充足して、FXで着実に収益を上げていくことができます。 ● 興味のある国を起点に 株式の取引は銘柄や各企業のビジネスについての事前知識が多かれ少なかれ必要となり、これに対しFXは(当然各国の経済を理解することが大きな武器にはなるものの)取っ付きやすさが見られます。興味のある国や思い入れのある旅先の通貨と日本円を組み合わせて始めてみるのも悪くないかもしれません。