ホーム Xlntrade

XLNTrade を使う前に知っておくべきこと

●群雄割拠するトレードの選択肢 オンライントレードの世界にはあらゆる選択肢があります。当然、有名なものから、そうでないものまで。膨大な数のウェブサイトや業者の中からどのように自分に合う一つを見つければいいのか。多くの人がこの点で頭を悩まされていることでしょう。そこで今回は、今大注目のXLNTrade をご紹介したいと思います。XLNTrade はまだ日本市場では広く知れ渡っていないものの、急激に成長を続ける“今アツい”選択肢です。 1. XLNTrade は日本語に対応しているの? XLNTrade は日本の会社によって運営されているの?そんな疑問から入る人も多いのではないでしょうか。そう思うのも無理はありません。トレード系の業者はその多くが海外に拠点を置いています。英語やスペイン語、またはロシア語などを第一言語として日本語には力を入れていない…なんていう企業もあります。そんな中でXLNTradeは違いを見せています。運営会社は、セントビンセント及びグレナディーン諸島に位置していますが、ウェブサイトには日本語が用意されています。2018年11月5日現在ウェブサイトの日本語化が完全に完了しているとは言えませんが、それでも、日本語を英語の次に重要視している姿勢はよく伝わってきます。 2. XLNTrade の運営方針は? XLNTrade は正しい情報の発信に重きを置いています。だからこそ、英語のみでのサイト運営は不適切と考え、日本語化に乗り出しているのでしょう。この方針はウェブサイトの説明からも読み取れます。ウェブサイトには、「正しいツールと、正しいトレーニング」が肝要だと書かれています。ここで言う「正しいトレーニング」とは、トレードに関する学びの機会のことです。時に、ただトレードができる機能だけを備えたサイトがあるものです。そのような場所は最低限の機能は満たされていると言うこともできますが、本来であればもう少し先を目指したいものです。考えてみてください。もし、あなたが熟練のトレーダーであれば、ただトレードができる環境さえ整っていれば何の文句もないでしょう。自分の力さえ発揮できれば問題ないのです。 しかし、実際にトレードをしている人の多くが初心者または中級者であり、学びは欠かせません。もちろん上級者であっても、貪欲に新しい知識や戦略等を獲得するのが理想です。そして学びを得るための一番の場所はズバリ、オンラインです。トレード業界はスピード(鮮度)が命。出版される本も大事なものですが、最新の情報を獲得するにはネットがうってつけ。そして、ネットの中でもトレーダーが最も多くの時間を費やす場所とは…そう、ブローカーのウェブサイトであり、トレードを行うプラットフォームです。ここにこそ学びの機会がシームレスに統合されるべきなのです。XLNTrade はトレードをしながら学びを促進することを重要視しており、デイリー市場分析、価格アラート、トレーダーセンチメント、経済カレンダー、個別トレーニングセッションといった様々な機能や機会を提供しています。 3. トレードに使用できるプラットフォームは? 当然。トレーダーとしては取引そのものの環境を快適に確保したいところ。どれだけサポートが整っていて運営方針が健全であろうとも取引プラットフォームの機能がイマイチであれば、それだけで台無しです。そこでXLNTrade のプラットフォームも確認することにしましょう。ここで採用されているのは「PROfit」と「MetaTrader4」です。「PROfit」の強みはまずクロスプラットフォーム設計でしょう。どんなブラウザからでもスムーズにアクセスしてトレードを楽しむことができます。もちろんプラットフォームの操作画面には価格の変動についてのリアルタイムグラムが表示されます。トレードをしながら即座にその場で市場のデータを確認できるので、無駄なタイムラグが生まれることはありません。 4. 「PROfit」をもっと理解しよう 面倒な設定をすることなくトレードを始めたいという要望にもぴったり適います。「PROfit」はダウンロード不要。ブラウザからアクセスしてログインさえ行えば、どこからでもトレードを始めることができます。トレードを行う場所と言えば、これそのものが非常に重要なトピックです。自宅からパソコンだけを使ってトレードに集中したいという人も、通勤時間に気軽にトレードに興じて毎月の稼ぎを増やしたいという人もいることでしょう。このようなあらゆるニーズをプラットフォームが遮るべきではありません。「あ、このプラットフォーム、使いやすいな」と思っても、パソコンからでしかアクセスできないなどの制限があればもったいないの一言。 5. どこからでもトレードできる そんな中「PROfit」にはいつでもどこからでトレードを開始できるという精神が息づいています。現代のトレーダーたるもの、場所やタイミングに縛られず、思いのままに好みのタイミングで取引を行いたいもの。考えてみれば、それもそのはず。トレードとはタイミングを見計らい獲物に飛びつくトラの狩猟のようなものです。データを眺め、時事ニュースを読み漁り、過去の取引からの学びを生かして、ここぞというタイミングで一気に攻撃を仕掛けるのです。このような性質から、トレードの機動性や俊敏性が制限されるべきではありません。 6. サポート体制はどうなっているのか さらに、考えてみましょう。トレーディングプラットフォーム使用中に困ること。それは、不意のエラーです。現代の取引プラットフォームの機能水準は非常に高く、実際に機能障害に直面することはほとんどありません。しかし、人の作る機械である以上、必ずどこかにエラーの要素が介在するもの。これは限りなく0%に近づけたいものですが、存在していること自体は仕方がありません。そこで、エラーが発生した時にどのように対策を行えばいいのかに注目しましょう。確保すべきはセーフティーネットです。もしエラー発生時に誰にも助けを求められなかったらどうでしょうか?しかも大事なトレードの最中だったら?恐ろしくて、考えるだけで血の気が引いてしまいそうです。そんな時にサポートの質がしっかりしているかどうか。これが重要です。嬉しいことに「PROfit」プラットフォームから直接、サポートを利用することができます。週6日間24時間営業体制です。週に1日だけ休みがありますので、もしトレードに何かしらの不安がある場合には、その休みの日を避けてトレードを行うようにしましょう。 7. プラットフォームのデータ トレーダーにデータは欠かせません。取引の良し悪しを大きく左右するのが市場データです。そこで、トレードの際にはできるだけ質の高い、トレードに使うことのできるデータをすぐ手元に用意しておきたいものです。「PROfit」プラットフォームは、そんなトレーダーの願いをしっかりと叶えてくれます。高度なチャートシステム、多彩な分析ツール、複数のチャートオプションなどなど、全てをカスタマイズして、あなたなりのトレードに直結させることができます。市場のデータ獲得とトレードの実行の間にはどのような壁もあってはなりません。できる限りスムーズにトランジションを行いましょう。理想的にはデータの確認とトレードの操作の間には一切の障壁もない状態です。だからこそ、プラットフォームから直にデータにアクセスできる環境が欠かせません。「PROfit」は処理の速さに定評があります。とにかくスムーズな使い心地です。必要な市場データを同じ画面でチェックしながら、タイミングを見計らって注文を出す。そんなシンプルで当たり前な作業を徹底的にサポートするのが、プラットフォームに求められる実力です。必要な仕事をしっかりとこなすプラットフォームもXLNTradeを使うメリットの一つだと言えるでしょう。トレードを始めたばかりの初心者から特別なカスタマイズを希望する上級者にまで対応した優秀なプラットフォームが採用されているあたりからも、顧客目線の方針が感じられます。