外国為替ブローカーのレビューと意見

海外ブローカー

上田ハーローを利用する前に知っておくべきこと

上田ハーローは日本語に対応している? 上田ハーローのことを、ともすると外国のサイト経由で知る人も少なくないはずです。英語表記だとUeda Harlowとなります。そこで、日本語への対応は大丈夫か、と心配する人もいないとも限りません。心配はご無用です。上田ハーローは日本の会社ですので、もちろん、日本語で対応してもらうことができます。 上田ハーローの事業運営方針とは? 上田ハーロー株式会社が重要視するのは、「正」、「清」、「誠」という「三セイ主義」です。正しく、清く、誠実に、事業運営を行っています。FX業界と聞くと、どうしても、数値やデータだけをに集中した、冷血なイメージを拭えない傾向にありますが、そんな中で、上田ハーローは人間と人間のつながりを重視していることは注目に値します。FXは専門的な業界ですので、はじめてそれに足を踏みれるという人は、ロボットよりも、むしろ、信頼できるパートナーやプロに相談をしたいと考えるはずです。上田ハーローの人情味は、そんな人間の欲求とうまく調和する企業方針だと言えるでしょう。 取引に使えるプラットフォームとは? 上田ハーローのプラットフォー—その名も上田ハーローFX スマート1—ムは、業界でも高い信頼性を誇ります。業界のプラットフォームは、大きく、ダウンロード/インストールするタイプと、それなしでブラウザで機能するタイプに大別されます。どちらが好きかは、完全に好みによりますが、上田ハーローFX スマート1は、ダウンロード不要。ですので、いちいちアプリやソフトウェアをダウンロードするのが面倒だ、という人には最適です。アップデートをする必要も—当然、それを忘れた時に機能しなくなる心配も—ありません。 プラットフォームについてもう少し詳しく 取引プラットフォームに欠かせないその他の要素が、スピード性です。どれだけ、素早く、取引を行うことができるのか。これが重要です。アプリ型の一つの強みは、スマホから気軽にアクセスできることでしょう。上田ハーローFX スマート1は、アプリではありませんが、携帯画面からでもすぐにアクセス、操作できるため、スピード感を重視したい人オススメです。また、ブラウザベースのため、デバイス間で画面の仕様が大きく変わることはなく、どの端末からでも、使い慣れた操作性が確保できます。 どこからでも取引することが可能 前述のように、このプラットフォームを使えば、あらゆるデバイスから取引を行うことができます。ちょっとした隙間時間でも、通勤時間でも問題ありません。加えて、動作の軽さにも注意が払われており、業界でも最高レベルの処理速度も実現しています。 取引サポートシステムについて 上田ハーローは「テクる」という名称の、テクニカル分析支援ツールも提供しています。指標の見方がよくわからないという人でも気軽に始めることができます。

FX(外国為替)市場参加者とは

FXは日本のみならず、世界各国で高い人気を誇る取引市場です。日々、新聞、ニュース、ネット記事で目にすることの多いFX市場ですが、実は、様々な市場参加者の関与の上に成り立っています。それぞれの思惑が複雑にからまり合い、日々、FX市場は生き物のように変化を続けているのです。具体的な市場参加者は以下の通りです。 中央銀行 まずは、日本の銀行をとりまとめる中央銀行である、日本銀行です。これが、FX市場に介入することがあり、その結果は「外国為替平衡操作の実施状況」の中で公開されます。このように、日本銀行が介入措置を行うことはありますが、最近では、開かれた経済に逆行する行為として捉えられ、世論的にもこれが主流ではないことは明らかです。 外為ブローカー 外為ブローカーの存在感は、ディーリングシステムの進化とは逆行するかたちで、少しづつ後退してきました。当然、ブローカーを介することでそこに手数料が発生しますので、これが、可能な場合には避けられるのは自然な流れだと言えるでしょう。 投資家(個人) 個人として取引を行う(おそらく、この記事を読まれているあなたのような)投資家はFX市場を構成し、これを動かす大事な要素です。当然、各種機関に比べると、個として市場に与える影響は大きくありませんが、それでも全体としてまとまった時のインパクトは無視できません。周りの個人投資家の流れを読むことは非常に重要です。 機関投資家 機関投資家の、個人投資家との違いは、言うまでもなくその取引規模の大きさです。大きな数字が動く分、それだけ市場に及ぼされる影響も大きくなります。市場のトレンドを左右することもあるため、それだけに、普段からその動向には意識を向けておきたいものです。

金持ちになるためのトリック

FXは素早くお金持ちになるための裏技…ではない

少し厳しい言い方でしょうか。ただ、ここで重要なのは事実を理解すること。嘘をついて、読者の皆さんを扇動しても意味がありません。 本当の地に足のついた知識と技術を身につけて、確実な前進を応援したいのです。FX取引は魔法ではありません。「誰がやっても、すぐに毎月〇〇万」といった宣伝文句を信用する必要はありません。むしろ、やるべきは確実に一歩づつ成長して、FXを自分のものにすることです。 どこかで必ず負ける時期が来る FXで生計を立てている人…。そんな人物像を思い描いてみてください。どのような人をイメージしますか?連勝に次ぐ連勝でしょうか?負けを知らない天才?もちろん、そんな人がいないとは言い切れませんが、そのような人であっても、必ず失敗の時期は経験しています。FXは始めた瞬間にいきなり利益を上げられるものではありません。断言します。負けの時期は往々にして最初の段階にやってくるものです。ですので、これを念頭に置いて挑戦してみてください。 負けが続く、どんどんお金が減っていく…そんな時期があったからといって、すぐに諦めてはいけません。一番よくないのは、ただ負けたことのストレスから、むやみに大きな勝負に出ることです。これでは何も学びがありません。負けのパターンを全て記録することで、次につなげましょう。そうする限り、まっとうな道を歩いていることになります。 FXは日々の仕事と組み合わせるのが便利 FXにはリスクがあります。しかし、これがギャンブルかといえば、全くそのようなことはありません。通貨の価値の変動の裏には常に理由があり、(もちろん全てとは言わないまでも)これを理解することで、FXという業界を味方につけることができます。FXでお金を稼ぎ始めるまでにはある程度の時間がかかります。ですので、辛抱強く学びを続けてください。全く仕事をせずにFXだけにのめり込むのはお勧めしません。初期はどのように生計を立てるのでしょうか?書籍を買ったり、ある程度の資金を投じて実践的な勉強をしたり…本格的に稼げるようになるまでには時間がかかります。だからこそ、日々の安定した収入にあわせて、空いた時間でFXに挑戦してみるという考え方がスマートだと言えるでしょう。

外国為替市場に投資する

FX市場に投資を行う前に知っておくべき5つのこと

FXという言葉にどんなイメージを抱いているでしょうか?リスクが大きい?それとも一攫千金が狙える?ギャンブルみたい?このどれもが少し強調されたイメージかもしれません。どのような市場であれ、投資をする前に正しい知識を身につけておくことが重要です。今回は、FX投資前に理解しておきたい大事なポイントをご紹介したいと思います。 ありふれたフレーズから学ぶ — “タイムイズマネー” タイムイズマネーとはよく言ったものです。どうか、FXにおいてもこのフレーズを肝に銘じるようにしてください。日々の時間を大事にするということも重要ですが、ここで言う「タイム」とは、それぞれの取引における時間軸です。チャートを見るとするにわかることですが、縦軸は値段で、横軸は時間を示しています。時間は単純な時の流れではありません。FX市場が開いている時間、取引セッションといった時間全てが市場に影響を及ぼすのです。 FX投資にも同じことが言えます。時間をもっと意識してみてください。まずは、全ての投資一つ一つを学びの機会として無駄にしないこと。ノートに記録して、どのようなパターンで勝利できたのかをデータに残しましょう。 投資はできるだけ分散しよう FX投資におけるリスク回避の基本は、分散すること。一つの投資に失敗しても、他の投資で補えるようなシステムを常に確保することが重要です。場合によっては、特定のパターンや値動きに揺るぎない自信を感じることがあるかもしれません。必ず、円が上昇を続ける…などなど。根拠のない自信ほど恐ろしいものはありません。FX取引は、孤独な戦いです。諌めてくれる人はいません。冷静に分散を行うようにしてください。 自分の戦略を持つこと 戦略はすぐさま身につけられるものではありませんが、これなしでは何も始まりません。色々なパターンを試してみて、その中から一番しっくりくるものを選びましょう。これこそが戦略になるのです。戦略を生み出すためには、投資の動作を逐一意識することが重要です。 正しい戦略の選択 何が一番自分にとってぴったりな戦略なのか。これを判断する上で重要なのは、結果です。雰囲気で判断せずに、それぞれの戦略の勝率(必ずしも勝ち負けの数ではなくて、最終的な結果としての数字—どれだけの利益に貢献できたのか)をチェックしましょう。 デモ口座を活用すべし デモ口座の活用も忘れてはなりません。それぞれのFXブローカーや取引プラットフォームには特徴があります。使いづらいと思うこともあるでしょう。

trade

2019年だから総ざらい!海外FXブローカーについて知っておくべきこと

日々、日本における海外ブローカーの存在感は強まるばかり。少なくとも、FXに興じるトレーダーの日々の感覚としては、海外の注目ブローカーを耳にすることが増えた…という人も少なくないはずです。   これの理由の一つは、仮想通貨の台頭です。もちろん日本でも仮想通貨の人気は上昇傾向にありますが、世界に目をやると、信じられない数のICOやトークン経済を土台にしたビジネスモデルが日々考案、ローンチされています。そんな中にFXとの統合をすすめるシステムがあっても、何も驚きではありません。   そもそも仮想通貨、トークンを中心とした経済圏とFXとの相性は良く、今後どんどん統合は進んでいくでしょう。そんなトレンドを背景として、2019年に改めて把握しておきたいのが、海外ブローカーの見極め方です。そこで、海外ブローカーについて知っておくべきことをご紹介したいと思います。 どれだけセキュリティに力を入れているのかチェックしよう   日本の事業者であっても海外のそれであっても、セキュリティは一番重要です。大事な財務情報を預ける相手ですから、しっかりと安全面のチェックをするようにしましょう。ありがたいことに、海外のブローカーのセキュリティ面を把握するのはそこまで難しいことではありません。   英語が苦手という人でも大丈夫です。まずは規制当局の名前を探しましょう。英語では「regulatory agencies」と呼ばれています。気になった海外のブローカーがあれば、まずはこれをチェックしてみてください。アメリカであれば、National Futures Association (NFA) とCommodity Futures Trading Commission (CFTC)があります。イギリスであれば、Financial Conduct Authority (FCA) とPrudential Regulation Authority (PRA)の表記を探してみましょう。これは誰でもできる簡単なチェックです。難しいことはありません。あなたの大事なお金を投入する前に、1分のチェックタイムを設けて下さい。 トランザクションコストはいくらなのかチェックしょう   続いてはトランザクションコストです。ちょっとした金額だと思って侮らないでください。これが原因で結果的な勝ち負け(つまり赤字なのか黒字なのか)すら大きく左右されます。これは時間をかけてチェックすべき項目でしょう。取引をするたびに、スプレッドまたはコミッションを支払うことになります。各業者についてのトランザクションコストを把握してから、比較の大事な指標として使うようにしましょう。時に、市場で名の知れた大きなブローカーでは(ネームバリューという意味での安心と引き換えに)、多少多めの手数料を支払うことになるので、この点は注意しておくべきでしょう。スプレッドがあなたの好みのトレードの仕方に向いているでしょうか?継続的な利益を出せる計算の目処は立っているでしょうか? 預金と入金の要件をチェックしよう   良心的なブローカーであるかどうかを見極めるための一番のポイントと言っても過言ではないのが、預金と出勤の際に適用されるルールです。まずはこれがウェブサイトのどの部分に掲載されているのかを確認するようにしましょう。良心的なサイトであれば、わかりやすい場所にこれについての説明が明確に(隠すように小さく記載されている場合には要注意)書かれています。   もちろん、その内容もチェックすべきです。英語であっても翻訳ソフトを使えば大意はつかめるでしょう。入出金の要件について細かく言えば、それにかかる時間(例えば、2-3営業日など)、額の制限(出金できる最低額が設定されているのは日常茶飯事です)、対応しているサードパーティのサービス(例えばPayPalなど…日本人が海外ブローカーを利用する上での大きな障害の一つなので、後から引き出せないという事態を回避するために早めにチェックしておきましょう)に注目するようにしてください。 トレーディングプラットフォームが自分に合っているかチェックしよう   ほとんどの場合、ブローカーのウェブサイトを介して、取引を行う場所そのものはトレーディングプラットフォームです。これは千差万別ですので、できる限り自分に合っているか確認する必要があります。どれだけユーザーフレンドリーにできているのか、実際に触ってみないとわからないものです。   多くの場合、ウェブサイトにどのプラットフォームが採用されているか記載があります。そこに自分のすでに使ったことのある名前があればしめたものです。一方で知らないプラットフォームが記載されている場合には、実際に預金をして取引を始める前に、必ずデモ口座を使ってみることをお勧めします。デモ口座とは、実際にお金を使うことなく(無料で配布されるバーチャルコインを使用)リスクゼロで取引が体験できるお得なシステムです。多くの海外のFXブローカーがデモ口座を提供しています。まずは試しに取引の雰囲気を肌で感じてみるのが得策です。

ホーム Xlntrade

XLNTrade を使う前に知っておくべきこと

●群雄割拠するトレードの選択肢 オンライントレードの世界にはあらゆる選択肢があります。当然、有名なものから、そうでないものまで。膨大な数のウェブサイトや業者の中からどのように自分に合う一つを見つければいいのか。多くの人がこの点で頭を悩まされていることでしょう。そこで今回は、今大注目のXLNTrade をご紹介したいと思います。XLNTrade はまだ日本市場では広く知れ渡っていないものの、急激に成長を続ける“今アツい”選択肢です。 1. XLNTrade は日本語に対応しているの? XLNTrade は日本の会社によって運営されているの?そんな疑問から入る人も多いのではないでしょうか。そう思うのも無理はありません。トレード系の業者はその多くが海外に拠点を置いています。英語やスペイン語、またはロシア語などを第一言語として日本語には力を入れていない…なんていう企業もあります。そんな中でXLNTradeは違いを見せています。運営会社は、セントビンセント及びグレナディーン諸島に位置していますが、ウェブサイトには日本語が用意されています。2018年11月5日現在ウェブサイトの日本語化が完全に完了しているとは言えませんが、それでも、日本語を英語の次に重要視している姿勢はよく伝わってきます。 2. XLNTrade の運営方針は? XLNTrade は正しい情報の発信に重きを置いています。だからこそ、英語のみでのサイト運営は不適切と考え、日本語化に乗り出しているのでしょう。この方針はウェブサイトの説明からも読み取れます。ウェブサイトには、「正しいツールと、正しいトレーニング」が肝要だと書かれています。ここで言う「正しいトレーニング」とは、トレードに関する学びの機会のことです。時に、ただトレードができる機能だけを備えたサイトがあるものです。そのような場所は最低限の機能は満たされていると言うこともできますが、本来であればもう少し先を目指したいものです。考えてみてください。もし、あなたが熟練のトレーダーであれば、ただトレードができる環境さえ整っていれば何の文句もないでしょう。自分の力さえ発揮できれば問題ないのです。 しかし、実際にトレードをしている人の多くが初心者または中級者であり、学びは欠かせません。もちろん上級者であっても、貪欲に新しい知識や戦略等を獲得するのが理想です。そして学びを得るための一番の場所はズバリ、オンラインです。トレード業界はスピード(鮮度)が命。出版される本も大事なものですが、最新の情報を獲得するにはネットがうってつけ。そして、ネットの中でもトレーダーが最も多くの時間を費やす場所とは…そう、ブローカーのウェブサイトであり、トレードを行うプラットフォームです。ここにこそ学びの機会がシームレスに統合されるべきなのです。XLNTrade はトレードをしながら学びを促進することを重要視しており、デイリー市場分析、価格アラート、トレーダーセンチメント、経済カレンダー、個別トレーニングセッションといった様々な機能や機会を提供しています。 3. トレードに使用できるプラットフォームは? 当然。トレーダーとしては取引そのものの環境を快適に確保したいところ。どれだけサポートが整っていて運営方針が健全であろうとも取引プラットフォームの機能がイマイチであれば、それだけで台無しです。そこでXLNTrade のプラットフォームも確認することにしましょう。ここで採用されているのは「PROfit」と「MetaTrader4」です。「PROfit」の強みはまずクロスプラットフォーム設計でしょう。どんなブラウザからでもスムーズにアクセスしてトレードを楽しむことができます。もちろんプラットフォームの操作画面には価格の変動についてのリアルタイムグラムが表示されます。トレードをしながら即座にその場で市場のデータを確認できるので、無駄なタイムラグが生まれることはありません。 4. 「PROfit」をもっと理解しよう 面倒な設定をすることなくトレードを始めたいという要望にもぴったり適います。「PROfit」はダウンロード不要。ブラウザからアクセスしてログインさえ行えば、どこからでもトレードを始めることができます。トレードを行う場所と言えば、これそのものが非常に重要なトピックです。自宅からパソコンだけを使ってトレードに集中したいという人も、通勤時間に気軽にトレードに興じて毎月の稼ぎを増やしたいという人もいることでしょう。このようなあらゆるニーズをプラットフォームが遮るべきではありません。「あ、このプラットフォーム、使いやすいな」と思っても、パソコンからでしかアクセスできないなどの制限があればもったいないの一言。 5. どこからでもトレードできる そんな中「PROfit」にはいつでもどこからでトレードを開始できるという精神が息づいています。現代のトレーダーたるもの、場所やタイミングに縛られず、思いのままに好みのタイミングで取引を行いたいもの。考えてみれば、それもそのはず。トレードとはタイミングを見計らい獲物に飛びつくトラの狩猟のようなものです。データを眺め、時事ニュースを読み漁り、過去の取引からの学びを生かして、ここぞというタイミングで一気に攻撃を仕掛けるのです。このような性質から、トレードの機動性や俊敏性が制限されるべきではありません。 6. サポート体制はどうなっているのか さらに、考えてみましょう。トレーディングプラットフォーム使用中に困ること。それは、不意のエラーです。現代の取引プラットフォームの機能水準は非常に高く、実際に機能障害に直面することはほとんどありません。しかし、人の作る機械である以上、必ずどこかにエラーの要素が介在するもの。これは限りなく0%に近づけたいものですが、存在していること自体は仕方がありません。そこで、エラーが発生した時にどのように対策を行えばいいのかに注目しましょう。確保すべきはセーフティーネットです。もしエラー発生時に誰にも助けを求められなかったらどうでしょうか?しかも大事なトレードの最中だったら?恐ろしくて、考えるだけで血の気が引いてしまいそうです。そんな時にサポートの質がしっかりしているかどうか。これが重要です。嬉しいことに「PROfit」プラットフォームから直接、サポートを利用することができます。週6日間24時間営業体制です。週に1日だけ休みがありますので、もしトレードに何かしらの不安がある場合には、その休みの日を避けてトレードを行うようにしましょう。 7. プラットフォームのデータ トレーダーにデータは欠かせません。取引の良し悪しを大きく左右するのが市場データです。そこで、トレードの際にはできるだけ質の高い、トレードに使うことのできるデータをすぐ手元に用意しておきたいものです。「PROfit」プラットフォームは、そんなトレーダーの願いをしっかりと叶えてくれます。高度なチャートシステム、多彩な分析ツール、複数のチャートオプションなどなど、全てをカスタマイズして、あなたなりのトレードに直結させることができます。市場のデータ獲得とトレードの実行の間にはどのような壁もあってはなりません。できる限りスムーズにトランジションを行いましょう。理想的にはデータの確認とトレードの操作の間には一切の障壁もない状態です。だからこそ、プラットフォームから直にデータにアクセスできる環境が欠かせません。「PROfit」は処理の速さに定評があります。とにかくスムーズな使い心地です。必要な市場データを同じ画面でチェックしながら、タイミングを見計らって注文を出す。そんなシンプルで当たり前な作業を徹底的にサポートするのが、プラットフォームに求められる実力です。必要な仕事をしっかりとこなすプラットフォームもXLNTradeを使うメリットの一つだと言えるでしょう。トレードを始めたばかりの初心者から特別なカスタマイズを希望する上級者にまで対応した優秀なプラットフォームが採用されているあたりからも、顧客目線の方針が感じられます。  

日本でFXを取引することの意味(2018年版)

● FX業界における日本の立ち位置 日本は世界でも随一のFX大国。この国に生まれFXに興じることの意味は、はかり知れません。調査会社フォレックス・マグネイトは2012年上半期の世界のFX取引高についての情報を発表。驚くべきことに、第1位に輝いたのは日本のGMOクリック証券。その取引高は1兆9750億ドルとなっています。このデータが如実に物語るのは、日本におけるFX人気です。 ● FXは初心者であっても障壁が少ない 通貨を取引する、そして、その価値の差から利益を上げるというシンプルさから、初心者であっても比較的早い段階からその仕組みを理解することができます。特に海外旅行の大衆化により日本円と他の外貨を交換すること自体を経験する人は多く、このような意味でも敷居が下がっていることは間違いないでしょう。またFXの性質上、短期間で大きな利益を出すことができるのも魅力です。仕組みがわかりやすいトレードを始めたい。できる限り早い段階で利益を実感したい。日本で人気な選択肢から始めたい。そんな人にはFXがおすすめです。 ● 情報量の多さも大事 日本がFX大国であることから、ネット上には豊富に情報が出回っているのも嬉しい点です。各種ウェブサイトで獲得できる情報から自力で知識を充足して、FXで着実に収益を上げていくことができます。 ● 興味のある国を起点に 株式の取引は銘柄や各企業のビジネスについての事前知識が多かれ少なかれ必要となり、これに対しFXは(当然各国の経済を理解することが大きな武器にはなるものの)取っ付きやすさが見られます。興味のある国や思い入れのある旅先の通貨と日本円を組み合わせて始めてみるのも悪くないかもしれません。